キャッシングってどのくらいの人数が利用してるの?

テレビやメディアで頻繁にキャッシングの宣伝がされておりますが、実際に利用者はどのくらいいるのでしょうか?現在のキャッシング利用者数は増加しており、統計では約1200万人と言われております。日本人口の約10分の1が利用しているという計算です。景気があまりよくない日本経済を表しているため、今後も利用者が増えることが想定されます。キャッシング利用者の男女比は7対3ほどで男性の利用が多く見られます。しかし、近年は金融会社によってレディースローンというプランも出てきており女性の利用者も少しずつ増えております。今後は利用者の男女比が6対4ほどになるかもしれません。利用者の年齢としては30代から40代の人が多く、20代は新規での契約を利用しているようです。そのため、20代で利用を開始し引き続いて30、40代と利用する人がいるようです。20代の若者の利用は少額のキャッシングで返済もすぐに終わってしまう傾向にあります。しかし、会社側としては新規利用顧客を獲得するために若者層をターゲットにしているため、継続して利用してもらうためにキャンペーンやテレビCMの有名芸能人を起用した宣伝、無人契約機、コンビニATMを設置することで利用者数を確保しております。新規契約者の統計では年収400万円以下の人が多いように見られます。若者も多く利用しているため年収には傾向はみられませんが、利用者の支出差によって影響が出るようです。